でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

書籍:知的探求欲をちょっと満足させてくれるまだまだあるよ面白いの。「エソテリカシリーズ」

http://www.flickr.com/photos/49503073847@N01/3667839998

photo by TheNickster

人間の感覚は五感まででしょうか?

まいどです。でくのぼうちゃんです。

 

dekunobouchang.hatenablog.com

 以前この記事をアップしました。

私は平凡社と同じくらいエソテリカシリーズが大好きです。

それはなぜか?

知った気になるからです。知らないのにね。

いろんな人の価値観が垣間見ることができるわけです。

知は価値観の表現の一つと思ってますので。

そんなエソテリカシリーズ、前回ご紹介したもの以外にもまだまだ「おお!」というものがあります。

今回はそんな「お!」をご紹介します。

さあ、行ってみよー!

 

 

 1.聖徳太子の本

聖徳太子の本―日出処天子の転生と未来予言 (New sight mook―Books esoterica)

聖徳太子の本―日出処天子の転生と未来予言 (New sight mook―Books esoterica)

 

 聖徳太子をテーマにして一冊の本ができちゃうんですねー。噂では聖徳太子なんていなかったのではないの?なんて話もありますがどうなんでしょうね。

 2.陰陽道の本

 安倍晴明関係ですね。漫画で話読みましたが不思議な人がいたもんだ。

 

 あ、今もいてますね。陰陽師さん。

 3.中国武術の本

中国武術の本   幻の拳法と奇跡の技の探究 (New sight mook)

中国武術の本 幻の拳法と奇跡の技の探究 (New sight mook)

 

 私の好きな映画の一つに「少林寺」があります。

 

 技を一つ一つかけるときに気合のはいった「ハイ!ハイ!ハイ!」を聞くと「がんばろう!」という気になります。武術はスピリチャルに通じる。読みたいな。

 4.天皇の本

天皇の本―日本の霊的根源と封印の秘史を探る (New sight mook―Books esoterica)

天皇の本―日本の霊的根源と封印の秘史を探る (New sight mook―Books esoterica)

 

 すごいネーミングですね。

天皇さんは日本だけのものですね。世界の偉い人ばかり(国王など)が集まる会議に天皇さんも出られていてその会議の中で天皇が一番古いのだとか。ほほー。

 5.釈迦の本

 お釈迦様の話はこちらの漫画で。

 

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

 

 色々考えさせられますね。

5.東洋医学の本

東洋医学の本―心と体に効く奇跡の療法を探る (New sight mook―Books esoterica)

東洋医学の本―心と体に効く奇跡の療法を探る (New sight mook―Books esoterica)

 

 東洋医学ほど不思議な医学はないなーと思います。氣といいツボといい。

一応足裏をもんでいますのでどんなもんかと買ってみました。

 

 6.チベット聖なる呼吸法

チベット聖なる呼吸法 (エソテリカ・セレクション)

チベット聖なる呼吸法 (エソテリカ・セレクション)

 

 一番お金がかからない健康法は呼吸法ではないだろうかと思っています。

空気が悪いところにいると人間の体は素直なもんで呼吸が浅い。しかし、山の上など空気がきれいなところにいると自然と呼吸が深くなる。

 7.修験道の本

 修験道は昔からありながらもどのようなものか口外されずに続いています。女はだめなことが多いし。確かに大峰山ですることなどはできませんわ。

 8.呪術の本

呪術の本―禁断の呪詛法と闇の力の血脈 (New sight mook―Books esoterica)

呪術の本―禁断の呪詛法と闇の力の血脈 (New sight mook―Books esoterica)

 

 この血脈というのが気になりますね。遺伝子情報で健康をと考えるとこの血脈のことを考えないといけません。

 9.幽霊の本

幽霊の本―血と怨念が渦巻く妖奇と因縁の事件簿 (New sight mook―Books esoterica)

幽霊の本―血と怨念が渦巻く妖奇と因縁の事件簿 (New sight mook―Books esoterica)

 

 これは買いましたがそんなに怖くなかったな。江戸、明治などでは幽霊掛け軸を眺める会などやっていたように幽霊に対していまみたいにむっちゃ怖いものとして扱われていないような。死生観が今と違うのもあるでしょうけど。

 10.古代秘教の本

古代秘教の本―太古神話に隠された謎の秘儀と宗教 (New sight mook―Books esoterica)

古代秘教の本―太古神話に隠された謎の秘儀と宗教 (New sight mook―Books esoterica)

 

 今では世界のほとんどがキリスト教的な感じとなっていますがキリスト教以前は古代秘教がたくさんあったんだろうなー。

 

とりあえずまとめ

我が家の経済が落ち着いたら大人買いしたいもんです。図書館でもあまりこのシリーズおいてないんですよねー。ちらばっているんかなー。

雨の日にはこんな本を読みながら時間を過ごしたいもんですねー。

 

ほな、また。

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村