でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

イギリスを調べてみる

Titchfield Abbey ティチフィエルド・アビー

イギリス。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

イギリスを調べてみる

イギリスへの思いがまだまだ続きます。

イギリスの方の家に対する思いを学びたいというのも出てきました。

なぜ、日本と違うのか。同じ島国なのに。

イギリスをいろいろ調べてみました。

面積は24.3万平方キロメートル。日本の約3分の2くらいだそうです。日本より小さいのか。

人口は2021年で6733万人。日本は1257億人。日本、人口多し。

日本の人口密度は1平方キロメートルに約333人だと。

なんだか、切なくなります。日本。これから高齢者がどんどんおなくなりになりますから

変わるでしょうけど。でも、外国の労働者が増えますとどうなるかしら。

その点、イギリスはゆとりある人口。大きな家も建つわけです。

釜ヶ崎のどや転用アパートとのような3帖アパートはないでしょう。

どや転用アパートあるから密度高いのかしら。

どや転用アパート3帖の部屋は居室に該当するのか。採光や通風を考えると倉庫ですわな。

でも、あるんだわな。

気候はイギリスは一日の気温変化が激しいようです。雨も小雨がよく降る(地域による)。冬は日照時間が短い。平均気温が低い。

日本も梅雨があるし、四季もありますが、日本は自然災害に見舞われやすい国と。

今は調べるのもネットでチャチャとざっくり調べられます。

日本は自然災害に見舞われやすいから古い建物が残らないのかというとそうではないような。

家のメンテナンスをやろうと思う人が育っていないだけかも。そのやり方がきちんと

教育されていない。私もメンテナンス力は掃除くらいで配線や配管とりかえなんか賃貸なんで

発想わかない。今、空き家問題が日本には起きていますが、メンテナンス力がない人が古いボロやを買おうとは思いませんわな。言うても、まだその考えを思った段階でこれからそれをわかる旅に

なるかわかりませんが。

ただ、賃貸に住む人でも掃除できない、家賃滞納、ゴキブリ大量発生、南京虫のすみかにしてしまうという人をたくさん見てき、住まいに対する思い入れがない人ばかりだったのでそこが問題かもしれません。住処に対する思い入れはどうすれば湧いてくるのだろうか。

イギリスの方の住処に対する思い入れはどうして湧くのかしら。

勉強、勉強。

ほな、また。

 

 

 

 

英国の住宅を読んでいます

図説 英国の住宅 (ふくろうの本)

これ。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

英国の住宅を読んでいます

スチームパンクから英国に興味を持ち、ヴィクトリア時代から現代の流れを知るために図書館に行きました。

図書館は良いですね。本がいっぱいある。借りられます。

で、これを借りてきました。

 

ふくろうの本。他にもいろいろ英国関係の本があります。

この書籍を書いた方は二級建築士を取られてプランナーとして活躍されている方。

日本で設計の仕事をしていますから不動産につながる知識もあるようで、内容がわかりやすい。

イギリスの所有権は土地と建物別々になってないのが基本のようで。

そこから日本の土地建物別々問題から起きる問題はでてこない。

土地と建物別々な故に火事が起きたりする事件も日本ではちらほら。

話がそれましたね。

土地と建物切り売りしないで時間を切り売りする。それが英国式。

永久的所有権をフリーホールドといい、王室や貴族の持っているもので

庶民はリースホールドという定期間所有権を持つと。

王室のものを貴族が999年契約で借り、それを小貴族が250年で借り、法人や個人が99年契約で借りる。賃借料取るんかなー。書いてないなー。しかし、年数がすごいなー。

あいりんで期間25年契約の賃貸借契約を見ましたがね。

香港の99年契約が有名な英国式契約なのだけどまだまだ調べはじめなので金銭の流れを理解したいもんです。

土地は王室のもの的考えが普通らしいけど、中国の共産主義ではないのはどこが違うのか。

まだまだ知らないことばかり。ここで止まったら先にいけない。ああ。

99年契約というリースホールドを抱えた不動産売買の英国。

リースホールドが長ければ長いほど高く売れると。契約が切れると出ていかないといけない事例もあるとか。

で、古い建物であればあるほど価値があるということで100年前の建物で中がボロボロでも

買い手があるそう。躯体がしっかりしているからか。でも、電気配線や配管どうなっているのだろう、どうやって変えているのだろう。

まだまだ知りたいことばかり。

心は英国。いつか行きますわよ。英国に。

ほな、また。

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村