でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

fly me to the moonの意味がわかった日

雷

雷にうたれたことはないけれど。

まいどです。でくんぼうちゃんです。

fly me to the moonの意味がわかった日

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

あの日は、いつもと同じ時間に起き、同じ時間に仕事に行き、同じことをしていた。

福祉の居場所事業ということで地域の集まる会をする日で、その日も同じように地域の人が集まり対応をしていた。

そこにあの人がきた。あの人は、地域の人が読むためにおいた新聞を手にしていた。

「こんにちは」私はいつものように挨拶して通り過ぎようとした。

その時だった。

あの人は、私の額をそっとさわり、「どうしたの?」と声をかけた。

一秒もない時間。

私の人生が大きく変わった瞬間だった。

体に電気が走ったような感覚。

その瞬間、モノクロだった世界が突然色づいた。

びっくりした。

当時の私はジャズボーカルを習っていて、課題曲はfly me to the moonだった。

その歌の意味が表面的には恋の唄とはわかるのだけど、感覚的になにかつかめないものがあった。

しかし、その一秒もない時間を味わった後、その歌が自然と口からでるようになった。

すごい、すごい。

人はすごい。人生はすごい。こんなことが起きるなんて。

そこから私の人生は大きく変わり始めた。

すごい、すごい。

あの人の手が一瞬ふれただけなのに。

すごい、すごい。

~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~

 

以上、記憶に残っている、あの日でした。

なんちゃって文学風。

人は、一秒未満の出来事で人生変わることあるんですよねー。

人生って、だから面白い。

ほな、また。

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村