読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

4歳息子 教えてないのに人を好きになる

love

愛と平和、結びつくかなー。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

4歳息子、同級生に夢中になる

人を好きになるってこと親は教えませんけどね。

子どもは知ってるんですね。

わが4歳の息子、同級生のSちゃんが大大大好きになりまして。

なんで好きになったのかわかりませんが、息子からはSちゃんの事ばかり聴かされております。

結婚とはどんなものかも教えておりませんが、「ぼくはSちゃんと結婚するんだ」といい始め、「結婚したらお母ちゃんのところにはこないから」と嫁姑問題もクリアしようとする思考も生まれ。

教えてないんですけど。みんなドラえもんのおかげでしょうか。

 

ドラえもん(1)【期間限定 無料お試し版】 (てんとう虫コミックス)

ドラえもん(1)【期間限定 無料お試し版】 (てんとう虫コミックス)

 

 のび太がしずかちゃんを好きだというのを言い続け、結婚する人と決めてお付き合いをしています。

そんなドラえもんののび太と自分を重ねちゃったのでしょうか。

しかし、いきなり抱きついたりはしないし私もだんなもいきなり抱きついた姿はみせていない。

まあ、躾よりも人を愛することのほうが学ぶものが自らで学ぶものも多いのではないかと暖かい目で見守っております。

一応、Sちゃんのお母さんには「うちの子が好きで好きでたまらないようです」とお伝えしたところ笑ってくださったのでほっとしております。

人を好きになること

息子の行動を見ていますと人を好きになるってのは単純なことかもしれないなあと思うことがあります。

 

愛したいから愛す。

 

平和のために愛すとか考えずただ、愛す。

 

ただ、好きな気持ちがあるだけでそこから「相手にこう思われたらどうしよう」とか

「相手に対して気遣いが足らないかも」とか思ったらそれは愛ではなく違う関係性を

おこそうとしているかもなんて考えたり。

愛があれば思いやりの心が生まれるのはちょっと違ってて愛し愛されている状態はそんな思いやりの心とか付随するものなんかなくてただ湧きおこっている状態かもな。

 

そんなことを考えながら息子とそのSちゃんを見ております。

 

まとめ

この関係がどうなるかわかりませんけどね。

まあ、そのSちゃんが色々とできる子なのでありがたいですわ。親は。

そのSちゃんプリンセスを守るにはプリンスにならないといけないよ。

そんなことをいいながら色々とがんばらせています。

のび太としずかちゃんのようなカップルになりそうですけど。

遭難したしずかちゃんを助けにいくけれど逆に迷惑になる。

けれどそんなのび太をしずかちゃんが受け入れて「結婚しよう」という。

世の中はいろいろなカップルがありますからね。

 

ほな、また。

 

 

愛するということ

愛するということ

 

 

 

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

  • 作者: ジェラルド・G・ジャンポルスキー,本田健
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/06/16
  • メディア: 文庫
  • 購入: 9人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

 

痴人の愛 (新潮文庫)

痴人の愛 (新潮文庫)

 

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村