でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

今日は18回目の結婚記念日なんだが。

https://www.instagram.com/p/BGmG_fcnA6Y/

1人酒。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

結婚18年目。

今日、結婚記念日でした。

早いもんでもう18年目。

子どもを産んで4年ですが、そこから旦那に本音で向かいあったように思います。

それまでは、仲良しこよしのなんちゃって夫婦。

人との向かい合い方がわからなかった、自分との向かい合い方もわからなかった私は平和に毎日を過ごすことばかり考えていました。

頑張らないことが最善であると思い込んでいました。

人によってはそれが最善である状況の人もいるので

いいか悪いかなんて言えませんが、楽することばかり考えて頑張ってもどうせ何もないと私は思いこんでいました。

人のことを思ってなにかをする事に恐れがありました。

そんな考えの私が子どもを産んで諭してくれる人に出会い変わりました。

私が変わって旦那は変わらなかった。

価値観が合わなくなってきました。

育児や、社会に対しての考え方や。

会話ができなくなってしまいました。

そして、子どもが生まれて2年後、

「2人とも出て行って下さい」発言。

この発言を聞いて息子と2人で実家に向かいましたが、その時の喜びは忘れられません。

いつまで旦那を尊重できるか

別居しましたが、私の給料が激減しこれじゃ生活できない!という思いと一人暮らしの旦那のメンタルがボロボロになっていってたのでこりゃヤバイと思い別居解消となりましたが、私の心は旦那に対しての尊敬の念を感じなくなっていました。

旦那ではなく、小さい子どもと大きな子どもを抱えている感じで、男としては全く感じられなくなってしまいました。

息子の父親は1人しかいませんから父親としては、

受け入れられます。

家族であること

18年経ったら、好きという気持ちでなく家族として

どう付き合っていくかに変わりますね。

相手もそう思っているかと思いますが。

家族をどう続けるか。

続けられるのか?

旦那は家族を守る気があるのか?

どこの家族にもある倦怠期などにあたるのかな。

まとめ

18年経ちましたが、果たしてこの先惰性で続くのかわかりません。

しかし、離婚したからといって私の中の問題が解決するかと思うとどうだろうなぁと思うところもあります。

愛という形が夫婦であるとするのは、ちょっと縛りきつすぎなようでもあるし。

人と向かい合うこととはどういうことかを学ぶ時期なのかしら。

旦那は乾杯もせずにとっとと寝ましたわ。

ほな、また。

 

夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)

夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村