読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

保育園待機児童問題で思うこと

http://www.flickr.com/photos/20818947@N00/2928664002

 

保育園問題。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

待機させられているという意識を持つ保護者を減らすのか

保育園落ちたという話の匿名ブログが国会までいっていてびっくりです。

実際、匿名のブログネタなんか国会で出すなよ!とヤジがでたようですが。

男性の方からしたら他人事ですわな。

私の保育園事件はこのブログで書いていて、もう年月もたち自分の世間知らずのために息子に迷惑させたと反省しておりますのであえてダラダラ書きませんが。

ただ、こう待機児童を減らせ!待機児童を減らせ!という記事ばかりでちょっとひっかかっております。

こんな保育園園長がいたんだよ

行政からしたら「待機している児童数」を減らしたい。

保育園は保育する児童を獲得することによって助成を得たい。

こういう金額ってネットで検索してもまったくでてこない。

これか?と思ってクリックしても「not found」が出てきます。

安易には調べられないようになってますね。

まあ、行政と保育園がタッグを組むとちょっと怖いことがすぐにできてしまいます。

保育園園長がちょっとでも保護者が園に迷惑をかけたことをすると退園をすすめる。

私の場合は保育放棄。行政も認めて。

ただ、この保育園、今はちゃんと様子を見ていた方がいらっしゃってその園長は解雇させられています。見ている人は見ています。

しかし、世間を知らない私は感情的になって退園しました。

私が退園した後も園長との話し合いの時間にちょっと遅れたら退園を進められた方がいたようです。

そんな話は後に聴いた話です。

その時の私は、保育放棄させられて行政からも「よろぴく~」と言われて、なんとか次の保育園を決めるのに必死でした。

しかし、当時の息子は湿疹がまあひどく、顔もパンパン。腕には包帯。

そんな息子を受け入れてくれる保育園はありませんでした。

ようやくめぐり逢ったのが今の保育園。認可外です。

費用は認可よりもかなり高いですが、自分が蒔いた種ですからなんとかしないと、働きにもいけない。

 

園長がどんどん保育園に迷惑をかけた保護者を責めたてて子どもを自主退園させ、また新しい子をどんどん受け入れる。

これをすれば園にとってもメリットありますし、行政も待機児童が減りますし。

自主退園した家は認可外にいく。自分がしたことだと納得して。

クレームもでません。

いや、クレームだすとこない。行政も認めてしまうんですから。

まるで、ブラック企業のようです。

自主的に辞めた人は自分の力のなさを責め立てしまう。

しかし、裏では辞めるようにさりげなく誘導させられていたり。

まとめ

この待機児童問題。

確かに預けられなければ働きにもいけません。

女性が仕事をすることを進めているアベ政権。

しかし、待機児童を減らすことを目的とされてしまうと上記のようなブラック保育園もでてくる。

私としたら高額な認可外に通わせるしか方法がなかった家庭にちょっとでも助成を自治体が出してくれたらなあ、我が家楽になるなあと思っています。

色々思うことがある待機児童問題。

まだまだ考えることがあります。

ほな、また。

 

事故と事件が多発する ブラック保育園のリアル

事故と事件が多発する ブラック保育園のリアル

 

 

 

「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの

「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの

 

 

 

[保育園ビジネス]の始め方・儲け方

[保育園ビジネス]の始め方・儲け方

 

 

 

 

photo by cσttσnwσσd

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村