でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

ますかけ線

street of palmists

たまには調子のった投稿。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

ますかけ線

いつも怒っているか嘆いているかの投稿なんで、たまには違う投稿を。

手相というのがありますが、ちょっと調子こいていいますと、私には「ますかけ線」というのがあります。


天下取りの手相。「ますかけ線」7パターン (2019年07月11日) |BIGLOBE Beauty

横イチに線が繋がっているのですが、だからといって何もない。

神秘十字線というのもあります。まあ、それなりに霊感はあったり護られているよなあ、私と

思い当たるふしがあるので、これはそれなりにあたっているのか。

ますかけ線がある人は、強運の持ち主だったり波乱万丈な人生だったりするようです。

運はあるけど、強運ではないよな。

波乱万丈もパートナーに比べたら、平凡。しかし、世間で強運の持ち主と認識されていたらそれだけで強運ではないかなと思ってしまう。

平凡な人生なんですが、私の人生の始まりは怒りが初めて沸き起こってきたときからだと思っています。27歳、婚約破棄。結婚しようとしていた相手がウラで付き合っている人がいて、それを告白された時。男見る目ないよなとつくづく振り返ると思います。とほほ。

しかし、それまでの人生はいつも、ええよ、ええよ、と言う人生でした。笑っているだけ。

真剣さもなく、適当も度を越していて、人生に向かい合っていなかった。人と向かい合っていなかった。怒りという感情がまったく起きなかったのです。怒りを知らないから、人が怒ることを

わからなかった。なぜ、人が怒るかを理解しなかった。

怒りという感情を受け入れることで、自分の怒りを出してきたわけですが、出す方法をコントロールしていないわけですから、突然、感情的になってしまう。当時は、食生活も無茶苦茶ですから、体調もどんどん悪くなる。子ども、生んでから人生でいう成人になったような気がします。

息子を護らないといけない。息子を世間とコミュニケーションをとるのに利用しないように。

それからですかね。世間の冷たさを実感したのは。

アレルギーは落ち着きましたが。元旦那とも別れてスッキリしましたが。

元旦那の面倒までは見れない。子供守るだけで精一杯です。

そこから、人生の断捨離を行い、人間関係もスッキリしました。

困窮も体験しましたが、マスカケ線があるから運が良かったのでしょうね。

守護をしてくださる目に見えない存在がいたのか、すばらしい出会いがありました。

しかし、その場しのぎで入った会社はそれなりにあとでなにかあります。

会社側も求人していたわけではないけど、困っているというからということで周りとは給料が安くなってしまいました。しかし、困窮からは脱出できたので、友人には感謝しております。

何もなければ平和に働いていたのに。向こうから、事務での残業代は出さない、いきなりのわけのわからないクレームと色々としてきたので、なんだこりゃと行った感じです。

赤字から黒字にしたのにね。それが面白くなかったのではと周りはいいます。

天下を取る。マスカケ線を持っている人はそう言われます。

天下を取るほどの器ではないので、それは違うなと思いますが、試練を与えられているとしたら

なぜに?と思ってしまいます。○○様〜といって仕事の話はできない性分だからでしょうか。

知り合いの支援者の方の行政に電話をかけている様子を見ましたが、それはすごかった。

〇〇様〜お世話になっておりますぅ〜。

その人の性分もあるでしょうから、この人は天下取るかもしれません。

しかし、ばあちゃんもマスカケ線持っていますが、普通の専業主婦ですがね。

当たるも八卦当たらぬも八卦か。

ほな、また。

 

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村