でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

息子を叱る

IMG_7898

子ども食堂は行きにくい時間にやってますね。仕事中とか、習い事の時間とか。

近所と繋がり持ちたいから行ってみたいのだけど。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

指図だけの会話

私の小さい頃の思い出で、親と会話したという思い出がありません。

会話は指図のみ。あれしたか?これしたか?

親も仕事で忙しかったんでしょうが、今日あれがあったとかこれがあったとかの会話を

しなかったなあと。それが当たり前と思っていたんです。

しかし、自分が親になり子どもを育てて親と同居していると指図だけの会話に疑問を持ちました。

親に指図しちゃだめ!と注意し、私もそれをしないようにすると、家庭が静かすぎる。

まったく会話がおきない。

これが問題だわと反省。早くご飯食べなさい、行く用意しなさい、テレビ見ながらたべない!

と指図のオンパレードでこれでは息子も自分で考える力がつかないし、その場しのぎばかりを

繰り返す。

塾で懇談会があって息子の態度の話を聞き、ちゃんと宿題をしてこないことが判明。

言われたことをしない。字が汚い。汚すぎる。何書いているかわからない。

先生はやればできるのだけど、モチベーションが下がるとダラダラとしだすと。

まあ、しょうがないかと思っていたのだけど塾の宿題をなくすということをしたので

大怒り。漫画やゲームをしたいから塾の宿題を適当にしていることも

わかり、漫画、ゲームは取り上げ。

私の小さいころベルサイユのばら全巻目の前で破られましたから、まだ優しいほうです。

指図ばかりしていると指図を聞かない子になります。私のように。

それをわかっているから余計指図をしたくない。普通の会話をしたい。

子育ては山あり谷ありですかね。

ほな、また。

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村