でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

部下って

Time Management

部下って。

まいどです。

でくのぼうちゃんです。

部下って

今の仕事をして、営業事務の仕事をしてくれる人がほしいと思い、周りにいた適任だろうという人に声をかけて、了解していただき会社に週三くらいで雇えませんか?と提案しました。

その方はちょっと持病をお持ちだったので、あまり働かせては申し訳ないと思うのと、自転車は乗れますか?との問いにちょっとくらいならという返答だったので、まあ、大丈夫かな?と思っていました。

先日、上司から呼び出しがあり、「○○さんはあなたの部下ではない。あなたに部下はいない。チーフ、ただそれのみ。それと○○さんに自転車乗らせないでください。無理だと言っています」

私は営業事務の仕事をやってもらうため、会社に頭下げてお願いしたのに、その人を使うなと?

あなたが仕事ができないからしてくださいと指示するのはよいと。

彼はちゃっかり私の外出中に資格試験の勉強をして、合格し、会社にそれを報告して資格を使える費用を会社に出させるようにしていました。

相談あってもよかったなあ。

私の中で、何かの糸が切れましたね。

私が頭下げた責任があると、色々仕事を与えてきたのですが、それは私が仕事できないからお願いされてると思っていたようでした。

営業事務をお願いしたのだけどなあ。

店舗で店番お願いしたのだけどなあ。

郵便物出すのお願いしたら、自転車に乗れば15分で済む作業が1時間になっちゃってるなあ。

その自転車乗らせないでと言う上司は同じフロアではないから彼の仕事ぶりをまったく見てないんだけどなあ。

人って、すぐ信じちゃだめだねぇ。

営業事務の仕事をしている人!

雑用じゃん!と思っちゃだめですよ。

その仕事、重要ですよ!

ほな、また。

 

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

  • 作者:村山 昇
  • 発売日: 2018/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村