でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

出会いってやつはほんと不・思・議

Meeting

出会いってやつは。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

なぜ相手を恋愛対象としたのだろう

自問自答しても、答えはでないんですけどね。

日本にこんなに男がいるのに、何故相手を恋愛対象と受け入れたのだろうか?と思うことがあります。

旦那と出会う前に、私はタロットのカードでいうと「破壊」みたいなことがありまして。

まあ、自分というものをどん底に落とされ靴で踏み潰されたような屈辱を味わったというか。

今から思うと、良かった、良かったと思うのですが。

婚約した相手に好きな人がいたんですね。

私と出会う前から付き合っていたようで。

なんで、式場決めんねんという話なんですが、その人は遠方に住んでいるからばれないと思ったようで。

屈辱に思ったのは何故自分がそんな相手を選んだのか自分に向けた思いだったのです。

今思えば、男見る眼なかったなぁと思うんですが、

当時の私はフィーリングあえばOK!というかなり軽いやつでした。

まあ、結婚する前にわかり破談になったので良かったわけなんですが。

しかし、その時の私はプライドボロボロで気力まったくありませんでした。

怒りというものがなんとか私を生かしてくれた。

裁判所に行って相談したり、相手から損害賠償請求してお金を得、一気に使ったり。

そんな私を親は心配しまして、縁談を持ってきましてん。

それが旦那。

プライドズタボロの時の出会いは

こういう時に優しくされると、コロッと行くんですな。

ああ、私を大切にしてくれる人がいる〜。

ああ、私を認めてくれる人がいる〜。

 

自分がときめくかどうかより、私を大切にしてくれるかどうか。

 

そう思っちゃう。

 

しかし、前の婚約破棄がなければ旦那との出会いはなかったわけです。

メンタル、ズタボロな別れをしていなければ旦那を紹介されてもなにも思わなかった。

出会いってやつは…。

不・思・議。

まとめ

で、今旦那は同居人となり。

結婚17年目にして、自分の人生に向き合う決心をしました。

小さな否定、「優しい」という見た目のオブラートに包まれた私を尊重していない心。

私がやっていることを否定する人より、応援してくれる人と人生を過ごしたい。

 

そういう思いが湧いてきました。

 

私しか歩いていない私の人生で出会った人たち。

釜ヶ崎で出会った自分の思いに正直に生きてきた人たち。

 

その人たちとの出会いで今の私の心がある。

 

出会いってやつは、ほんと不・思・議。

 

ほな、また。

 

出会いとつながりの法則  ~誰も書かなかった新・出会い論~

出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~

 
出逢い

出逢い

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村