読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

4歳息子の成長を自転車公園で感じたという話

https://www.instagram.com/p/BAl00dNHA21/

遠くに息子の姿。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

息子の背中を追っていたのだが

息子の成長はふとした時に感じられるもんなんですね。

4歳息子と最近自転車公園に行きました。

家の近所に自転車公園というのがありまして色んな自転車が置いてあります。

20分100円でいろんな自転車に乗ることができます。

家にも親が買ってくれた息子自転車があるんですが、まあ一人で乗るのもなんだかさびしいし、公園だったら知っている子もきてるんじゃないかと思い自転車公園に行ってきました。

息子の中で「これは!」という自転車があったらしくその自転車を探していました。

しかし、その自転車は他の子が乗っていまして時間中その子がずっと使っておりました。

同じくらいの大きさの自転車ならいいのではないか?と他の自転車を乗ってみましたがどうもなにかが違うようで、「ピンクの自転車に乗りたい」とずっと言っておりました。

時間が終了になると一旦皆公園から出ます。

で、また入場券を買って入ります。

今度はピンクの自転車に乗ることが出来ました。

すると突然「母ちゃんはここにいてて!」と言ってきました。

それまでコマ付き自転車に乗る息子の後ろをずっとついてまして、坂など息子が上がるのにウンウン言ってたら背中を軽く押していました。

そうすると「ありがと!かあちゃん!」とまた走り出す。

そんな感じでしたが、今回は違う。

俺は1人で走ってくるぜ!という氣満々。

おお、そうかと待つふりしてさりげなく後ろを追っているとスイスイと走り出している。

どうもそのピンクの自転車は早く走れるようです。

これなら一人でも大丈夫かも。

そう思うとベンチに座って待つことにしました。

さっきまで登れなかった坂もがんばっています。

1人で走っています。

嬉しいけどさびしい

ああ、息子も成長したんだな。

4歳ですものね。お母ちゃんの助けなくても走れますな。

遠くに見える息子の姿が次々に移動している。

そして、私が見えるとにこっと笑顔でスピードをあげてくる。

「また、走ってくる!」

そういってまた走っていきました。

追わなくていいので楽になりましたが、ちょっと寂しいもんです。

他の子とぶつかってはいないだろうか。

そんな心配もありましたが、なんとか自転車で走り回っていました。

まとめ

そうやって段々一人でもできていくことが増えていくんですね。

いつかはコマなしで走るようにならないといけない。

息子はどうやら私と自転車でランデブーがしたいようです。

でもまだコマ付きですからね。

今度はコマなしを練習しないとね。

ほな、また。

 

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

 

 

 

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村