読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

UR賃貸に決めました。

https://www.instagram.com/p/BAV4yKBnA5K/

 

南向き。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

UR賃貸に決めました。

昨日、家主さんより賃貸借契約解除通知書がポストに入れられてました。

 

dekunobouchang.hatenablog.com

 私のメンタルへどかーんとバズーカ砲が撃ち込まれました。

1か月以内に出て行ってねって。

通知書よんですぐに家主さんに電話して、仲介した不動産屋にも連絡。

不動産屋から旦那の態度でなじられ。

その不動産屋にアパート倉庫も世話してもらったんですが、旦那が怠慢な対応をしてまして。

それでも頭をさげ、他の物件を紹介してもらえませんか?とお願いし。

電話が終わったあと、すごく心は悶々としていました。

悶々とした中で旦那と色々話し合い。

旦那は公団があるじゃないかと言いましたが、私の中で公団はまったく想像もつかなかったのです。

今まで選んできた物件は部屋数が少ない物件ばかり選んでいました。

そうでないとどんな人が入っているかわからないし、付き合いもできないというのがありました。

そういう点で公団はたくさんの部屋数でどんな人がいるかわからないからちょっと不安。そういうことで公団は部屋さがしには外していました。

しかし、やはり悶々感はとれないしどうしたらいいのかわからない不安があり、なかなか眠れませんでした。

 

それでも寝落ちて、ふと2時くらいに目が覚めました。

公団のことを考えるとリラックスした

眼が覚めてふと思い出したのがUR賃貸。そう公団。

すぐにスマホで検索して値段などや空き部屋などをチェックしました。

www.ur-net.go.jp

今、春トクキャンペーンで1か月の賃料が無料とか、4つのメリット(礼金・手数料・更新料・保証人不要)とかを考えると今の私たちに最適ではないのかという思いが湧いてきました。

また、今回の1か月以内に出ろという通知書は家主の感情から起こっており、UR都市機構はそんな感情で入居者を退去させるという組織ではないと思い、だんだん公団いいんじゃないかと思ってきました。

すると不思議な話ですが公団のことを考えると体の力が抜け、今まで丸まって力入れて寝ていたのが仰向けで力抜けて寝ようとするのです。

ああ、公団。いいじゃないか。

公団明日朝にさっそく見に行ってみよう。

そう思ったらすぐ寝落ちました。

不動産屋にすぐ行く

朝起きて10時の開店に合わせて家族そろって家を出ました。

行先は他の不動産のことでお世話になっている不動産屋。

事情を話すとびっくりされてました。

「普通、家主からの解除通知は6か月の猶予でしょう。そんなん家主が普通に1か月で退去通知していたら入居者安心して住めませんやん」

たとえ、こちらに非があったとしても1か月以内に退去はおかしい、そんな急に退去を求めるなら費用を請求してもいい案件では?という話でした。

単身専用マンションに旦那を入居させて家族で暮らしていることに怒っているんですが、考えてみるとその物件入居するとき、一度も単身専用マンションなんてきいていない。1DKなんで自然と単身の方が入居されているとは聞いたけど。

自転車も一台しかダメなんか聞いておらずで入居して増やしたらここは一台しかだめなんだと言われこの自転車どうしたらいいんですか?と聞いたら「捨てれば」と答えられ。

とりあえず、帰ったら契約書を読み直してくださいと言われました。

で、UR賃貸空いている部屋の鍵がありますんで見に行ってください~というので早速見に行ってきました。

今の部屋が31㎡なんで41㎡がすごく広く感じる

今の部屋も1DKで今度の所も1DKなんですが全然広さが違う。

設備も今の給湯器は風呂桶の横にあり、手回しでするタイプだったのでどんなに古いと言われても全自動なら全然新しいですよ~ってな感じ。

道路際だから騒音がどうかな~と思いましたが、扉を閉めるとまったく聞こえず。

息子も大はしゃぎです。かくれんぼする~といって、収納もけっこうあるのでそこに隠れたり。

すぐに申し込みました。

最初にいる費用も敷金分割できる物件だったので、最初の費用も家賃1か月分だけで済みました。

最初の月は家賃なしなので家賃引き落としがかかってくるのが3月から。

ああ、ありがたや~。

まとめ

とんとん拍子に話が決まりました。

とんとん拍子すぎてまた、いきなりバズーカ砲撃ち込まれるじゃないかと不安になりますが、ここは時の流れに身をまかせます。

 

 

時の流れに身をまかせ

時の流れに身をまかせ

 

 さて、とりあえず家族の身の安全を確保する場所は作れました。

これから家主をどのようにしようか。

今まで、パワハラにあって退社した時にも労基にがさ入れをさせてその職場にダメージを与えた私。

泣き犬ではおわりません。

賃貸借契約、確認しましたよ。そんな話はまた明日。

ほな、また。

 

2016年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

2016年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

 

 このシリーズよく読みました・・・。

資格ってのは私にとってなんでしょうね・・・。

 

 

プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中

プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中

 

 

 

世界最強の交渉術

世界最強の交渉術

 

 

勝って生き残るための「交渉の極意」 必ず身に付く極意シリーズ

勝って生き残るための「交渉の極意」 必ず身に付く極意シリーズ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村