読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

絵本の面白さを知ったのは小児科の待合室だったという話

http://www.flickr.com/photos/35353753@N00/6387169889

可愛らしい。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

絵本と小児科の待合室

色んな方のブログを読ませていただきまして、よく見かけるのが「絵本」のことを書いたブログです。

読まれてよかったものをあげてらっしゃって、その中には「懐かしい~」と思うものもあったり。

我が家も4歳息子に時々読んではいますが毎日ではありません。

私の中で絵本教育ってそんな大切なもんでもないだろうというのがあるからです。

まあ、それがなんでかといいますと私の幼い時の記憶で絵本を読んでもらった記憶がまったくありません。

寝かせつけでお話をしてくれたのは時々田舎からでてきた祖母で、その内容は創作。

本を読みながらではありませんでした。

その創作な話が面白く、祖母に「話をしてほしい」とお願いした記憶があります。

私が絵本にはまったのは小学生になり一人で小児科に通うようになったからです。

小さい頃からアレルギー持ちだった私はしょっちゅう病院に通っていました。

また、病院の待ち時間が長い長い。

その長い待ち時間を楽しい時間に変えるにはどうすればいいか。

置いてある絵本にいくわけですよ。

もう、何回も何回も読み漁りましたね。

同じ本しか置いてないわけですから内容も覚える。

時々、違う病院に行くと違う絵本が読めますからうれしい。

記憶にある絵本

もう40年近い話ですからほぼ忘れていますが、うっすら覚えているものもあります。

小さなおうち

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

 

 これは結構、大人になってからも何回も読みましたね。

小さいおうちはただいただけなのに周りがどんどん変わっていく。

最後はハッピーエンドなんでしょうかね。

いやいやえん

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

 

これは何回も読んだ記憶が。

モモちゃんシリーズ 

 

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

 

 モモちゃんシリーズもよく読みました。

なにがいいかは忘れましたが、なにか感じるものがあったんでしょうね。

押し入れの冒険

 

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)

 

 これもよく読みました。

怖かったなー。押し入れが。

 モチモチの木

モチモチの木 (創作絵本6)

モチモチの木 (創作絵本6)

 

滝平二郎さんの絵が小さい時から好きでよく読んでいました。

八郎も大のお気に入り。

まとめ 

小児科で読んだ本はもっとありますが、記憶にあるのはこれくらい。

親に読んでもらった記憶はないけれど、自分で読みふけった記憶はある。

今の絵本はあまり絵本買いませんからわかりませんが、やはり息子と一緒に病院に行ったとき待合室で読んでいます。

お気に入りはこちら。

 

絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵

絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵

 

 これがお気に入りですわ・・・。怖いよ・・・。

 

ほな、また。

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村