読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

「俺は稼いでくるからお前は働かず家を守ってほしい」という男性はいいんじゃないかという話

夫婦関係

http://www.flickr.com/photos/21479883@N05/2722965394

こんな夫婦ってどうやってなるんでしょうね。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

個を尊重した夫婦って?

今って個を尊重した社会だなあとニュースをみてふと思いました。

www.huffingtonpost.jp

愛というものに性別は関係ない。

●●だからという理由で公的なものに対して制限があるのはおかしい。

人それぞれ考えがあります。

「家」という組織制度といいますか、家長を軸とした社会といいますか。

父がいて、母がいて、子どもがいて。

父が家長として一家の大黒柱。そんな考えが当たり前の社会。

でも、それが変わろうとしている。

過渡期なのかなという思いもありますが、過渡期を味わう時代にいるというのは色々と問題もあるかと思います。

男が稼ぎ、女が家を守り子どもを守る。

この考え方が日本の常識で男も女も双方受け入れての社会があった。

だから男が稼ぐ、女が家事育児をするという分担もある程度受け入れられてきたと思います。

しかし、時代は変わり女性の社会進出が当たり前となっての結婚の時の意識って、男性のほうでこんな意識もでてくる。

 

「俺は稼ぎ少ないから、あなたも働いてね。いや、普通に働くよね。だから結婚するよ」

 

うちの旦那もそんな考えでした。

私は女性が働いて当たり前と思うような環境で育ってきたので(母親は資格をもって働いてきた)なんの違和感もありませんでした。

しかし、この

「俺は稼ぎ少ないから、あなたも働いてね。」の言葉の恐ろしさを身をもって体験するようになってきました。

この進化形は、

「君が家計をがんばって稼いでね。足らない分、僕がサポートするよ」に変わっていくということがわかってきました。

 

男は女性の生き方をサポートする。

 

こう書いたらすごくいいように感じると思います。

しかし、じゃあ女性は働く、家事する、育児するってことかよ!ってことになるんですよ。男は足らない分、収入を渡す。

後は、個人の自由でしょ。俺が稼いだお金なんだから。

気が向いたら家計にいれるよ。

 

これが女性社会進出した結果の夫婦の進化形なのか?

今の日本は女性の社会進出ばかりをサポートしてきた

女性が働くのが当たり前になるが、家事、育児は二人がして当たり前にはなっているのでしょうか。

育児休暇を与えられる会社なんて大手ぐらいでしょうし、普通は残業して9時くらいに家に帰れたらまだいいほうな旦那ばかりではないでしょうか。

そんな社会なのに、女性の社会進出ばかりさせている。

家事、育児、お金で解決すればいいのよ!と思っている人もいるようですが、そんなお金で解決できるほど稼ぎはありません。

男性にしたら「俺一人の稼ぎでは家族を食べさせていけないよ~」という不安はなくなっているかと思いますが。

旦那を見てますと、「俺の稼ぎでは無理だっていったろ?だから働けっていったろ?

それをいいといったのはあなたじゃないか?」という態度できます。

そうこられるとなんも言えない。

まあ、愚痴な感じになるんですけどね。

かといって「家事、育児をしてよ!」といっても帰ってくるのが遅いのを見ていると強く言えない。

もしかしたら帰ってきたら車の中で1時間以上いているんじゃないかという疑惑がでては来てますが決定的証拠を握ってませんからそんなに強く言えない。

東京モーターショーのニュースをやっていましたが、車を見てますと乗り心地じゃなく動かない車の居心地を追及した車が出展しているのはそんな男性(家にすぐ帰らず車で好きなことをしている)が多いのではないか?と思ったりもします。

そんな話は置いといて、収入が少ないからといってそれを普通として、お互い収入を得る立場にさせるだけで背後にある家事育児をどうするという問題は何も解決していない。

仕方ないから女性が家事育児がんばりますが、旦那の面倒までは見れない。

面倒を見てもらえない旦那は家に居場所がなくなり車に快適性を求めるようになる・・・そして、離婚が増えるのか?

まとめ

夫婦は「愛し合っているもの」というものという定義で同性パートナーシップ条例などがあるように感じますが、この同性夫婦と異性夫婦となにかが違うような感じがします。

上手く言葉にはなりませんが、確かに最初は「愛し合っていた」となりますが、異性夫婦は子どもが授かり家族という集合体となり家事育児というのも増える。

結果「愛し合っていた」夫婦は個を尊重した夫婦になるのか?

 

個を尊重する夫婦とは?家族とは?

 

「俺は稼いでくるからお前は働かず家を守ってほしい」

こういう男性を以前は非難していました。

しかし、「俺は稼ぎが少ないからお前は普通に働いてね」よりもいいんじゃないかと

しみじみ思う結婚17年目の秋です。

隣の芝生は青く見える。

 

夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)

夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)

 

 

 

対人関係療法で改善する 夫婦・パートナー関係

対人関係療法で改善する 夫婦・パートナー関係

 

 

 

おかしな夫婦 [DVD]

おかしな夫婦 [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村