読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

事業計画:福祉的視点喫茶の営業は可能か

https://instagram.com/p/7q8ssNnA-9/

このストリートに面して出店できたらいいんだけどなー。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

数字に出してみた

 

dekunobouchang.hatenablog.com

 事業をしっかりと根付いたものにしたい。

そう考えて色々頭を使っています。小さい脳みそですが。

いったい毎月の経費はどれくらい必要なんだろうか・・・。

こんな思いが漠然と出てきまして、電卓でちょいちょいとしてみました。

家賃がいるんですよねー。

仕入れ代もいるわけでよねー。

光熱費もいるわけですよねー。

最低限での私の給料もいるわけですよねー。生活ありますから。

 

いやー、がんばって毎日1万5千以上は売上をださんんといけない。

 

この1万5千、されど1万5千。

 

この地域はほかの地域よりモーニングやランチなど安く皆さんされています。

そりゃ、高かったら毎日使えないわな。

単価300円、500円で営業時間少く考えているのに稼ぐことができるか?

 

また、だれでも気兼ねなく来てもらいたいのに、毎日300円500円使わなくちゃいけないところだったらこれない。

 

目的は単身高齢者のひきこもりをなんとかする。

 

福祉的視点の時間として14時~16時カラオケタイムは誰でも無料でカラオケできて珈琲も100円で飲める時間としたい。

 

10時からオープンと考えて正味稼ぎ時間は4時間。

 

会費というもの

これは世間の皆様に考え方に賛同していただいた方から会費を頂いて運営するしかないのか?という思いがあります。

 

お金がないおっちゃんたちからお金はとれんですよ。

 

皆様にご協力いただくための説得させられる文章づくりとなります。

 

私が肌で感じているのを具体的に文字にださんといけない。

 

カンパにしてもそうですよね。

 

まとめ

うぉー。まだまだやることはいっぱいありますね。

なんかエベレストに登るような気持ちです。富士山登る時も1か月くらい階段18階まで登り降りしたなあ。

登るまでの準備が大変。

しかし、安心した居場所づくりを長くやっていきたい。

 

時間をかけてぼちぼちとやっていきますよ。

ほな、また。

 

はじめての「カフェ」オープンBOOK お店やろうよ!(1) (お店やろよう!シリーズ)

はじめての「カフェ」オープンBOOK お店やろうよ!(1) (お店やろよう!シリーズ)

 

 

 

カフェをつくりたい人の本 (小さなお店づくりのヒント)

カフェをつくりたい人の本 (小さなお店づくりのヒント)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村