でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

夏の食事:鶴さんが出してくれたおやつ「山盛りパクチー」

http://www.flickr.com/photos/79721788@N00/13913960918

これはなにかしら。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

 

今週のお題「夏の食事」

今週のお題は「夏の食事」ということだけど、はて?「夏の食事」って私のはなんだろうと考えました。

そんなに夏にこれを食べたい!というのはあまりない。

元来、食に欲なしな性分でして美味しければそれで満足なんです(友人曰くそれが一番めんどくさいとのこと)

そんなことはないはずとウンウンと頭をひねっていましたら出てきましたよ。

夏に食べて感動したものが!

それはこれ。

http://www.flickr.com/photos/77613929@N08/6972299086

コリアンダー、パクチー、香草。

様々な名前を持つ素晴らしきハーブです。

しかし私これ10年前くらいまでまったく食べれなかったのです。

それが今ではこれだけをお替わりできるほど大好物になってしまいました。

今回は、なぜ、パクチーが大好物になったかのお話を。

亀さんとの出会い

旦那の親戚に「鶴さん」という方がいます。

何年か前にお亡くなりになりましたがとっても素敵な人でした。

義父のいとこにあたる方で双子の姉妹がいて「亀さん」という名前だそうで

ただ昔は双子は縁起が悪いといわれていた地域もあり、そういうわけで「鶴さん」は

義父の家に一緒に住んでいたそうです。

ちなみに「亀さん」が嫁いだ先は「亀田」で、「亀田亀」になるからそれはちょっということになり「亀さん」は名前を変えたそうです。

で、その義父によくしてもらったということで旦那とも縁が繋がっておりました。

結婚し、関西で暮らすのだから「鶴さん」に挨拶にいってたほうがいいという話になりました。「鶴さん」の息子さんは弁護士になられていてなにかあった時にお世話になるかもしれん!ということもあり旦那と二人挨拶に行きました。

息子さんが大手会社顧問弁護士と聞いていたのでさぞや大きなおうちに住んでいるのだろうと思っていたら古い長屋に住んでいました。

玄関には「民生委員」という看板がありました。

中は古いながらもきれいに整理整頓されていて無駄がない。

急に掃除した感じもない。

ゴミ箱もない。

以前にもなにかで「ゴミ箱がない家」のお話を書いたかと思いますが、その家が「鶴さんの家」だったのです。

ゴミ箱がないってどういうことよ!と思ってましたが、家の様子を見てますとゴミをだすシステムが構築されてないといいますかゴミがでない生活スタイルといいますか、ほんと無駄なものがないのです。(うーん、うまく説明できない)

「この家は息子が勉強したいからというから買ったんだ」

そういう話が出てきました。

以前はもっと狭いところに暮らしていたのだけど息子の個室がなかったので勉強できないと息子に哀願されたそうです。

そんな話、なんだ自慢か~と普通の人にされたら思いますが、この「鶴さん」自慢に聞こえないのです。

お会いした時すでに高齢で着ているもの全然派手ではない。

個室がほしいからと長屋に住むという発想がよくわからない。

勉強部屋が離れ的なつくりのところにありました。

だからかとちょっと納得。

でも息子さんは大手会社の顧問弁護士。もっと大きい家に住めるんじゃ・・・。

「一緒に住もうといわれたけどここがいいから」

なんかすべてに芯があるといいますか。

おやつ

「おやつ持ってくるね」

そういってキッチンに入られもってきたものはお皿に山盛りのパクチー。

「お世話している中国人がいっぱい持ってきてくれたんだ」

パクチーオンリー。ドレッシングなし。

当時の私はパクチーは大の苦手で、すべてよけて食べていました。

しかし、パクチーオンリーで目の前に出されると不思議と「食べたほうがいい」

という思いが湧いてきます。

そのパクチーがとても瑞々しく青々としているのも「食べようか」という思いを湧かせたきっかけでもあると思います。

 

一口食べてみました。

 

!!!!

 

こりゃ美味い!

 

あっという間にお皿一杯のパクチーオンリーおやつを食べてしまいました。

それ以来です。パクチーが大好物になったのは。

お世話した中国の方が新鮮なものを持ってこられたんでしょうね。

関係性が見えてきます。

まとめ

それ以来夏になったらパクチーを育てたり、中華街に買いにいったりとパクチー買いをしていました。

スーパーのパクチーは青々していないのに高いのが多い。

育てたらすぐ食べてしまうから育たない。

 

有機種子 コリアンダー

有機種子 コリアンダー

 

 

 

 美味しいものを食べたら固定概念て、結構あっさり吹き飛ぶものなんですね。

あんなに嫌いだったのに。

どんなに嫌いなものでも「この人が出すものだったらなにかあるに違いない」そんな思いが湧いてきますから克服もできるんですね。

やっぱり「人の力」は大きいですな。

あんなにてんこ盛りのパクチー、今となってはそう手には入らない。

いつかパクチー専門店にいってあほほどパクチー食べたいもんです。

行った時にはレポート出します♪

ほな、また。

 

みんなで作るパクチー料理

みんなで作るパクチー料理

 

 

 

ベトナムのごはんとおかず

ベトナムのごはんとおかず

 

 

 

 

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村