でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

今から17年前のこの日に結婚式を挙げました。

http://www.flickr.com/photos/14915934@N07/5544484100

 

それは今から17年前のことじゃった・・・。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

 

17年前のこの日に結婚式をあげました。

月日のたつのは早いもんです。もう17年たったんですね。

3年前に子どもが生まれ、別居なども体験しましたがやっと家族らしい何かが

生まれようとしています。

夫婦二人生活が14年もあったので日本全国を旅していました。

 

dekunobouchang.hatenablog.com

 このブログでも旅のことは紹介させていただいます。

一応全国(北海道と小さな島以外)はまわりました。

旅行観が旦那とあいました。「お金をかけない、いきあたりばったりOK」

旦那と出逢ったのはほんと縁でした。

旦那とのなれそめ

夫婦のなれそめを読むのは面白くないと思いますが、我が家の結婚記念日ということで今日はちょっと軽く書きます。

こんな夫婦のなれそめもあるんだーと軽く読んでくださいな。

旦那と知り合ったのは15年前です。そう、結婚までの期間はわずか10か月でした。

旦那と出会う前に私は別の人と婚約していたのです。

その人とは7月20日で結婚式の式場もおさえていました。

しかし、ある日その彼から夜中に電話が。

「別れよう」

 

?!!!

 

とりあえず夜中に車ぶっとばして彼の家に行きました。高速道路を使わないといけない距離でした。

 

二股していて相手の子と結婚したいんやー。

 

はい?

 

私は何を言われているのかさっぱりわかりませんでした。

 

結婚式場も押さえているのに?みんなに言ったのに?

 

頑張っても相手の気持ちが変わることもありませんし、頑張って結婚してもらうのも

変なので破談になりました。

 

2週間なにも食べれない、笑えない日々が続きました。

 

そんな私を見て、親は心配に思ったんでしょう。

 

職場の人の弟がひとりもんで相手を探しているという話を貰ってきました。

写真も一緒に。

「気が向いたらこの写真を見て」

そういって私に渡してくれました。

 

2週間たってようやく笑え、会社にも出勤できるようになった私は軽く写真を見てそこらへんに置いたように思います。

 

何日かたって、「このまま何も変化なく日々を過ごしていても過去にとらわれるだけだ」と思い、その写真をちゃんと見ました。

作業服を着て立っている姿でした。

親に会ってもいいよといいました。

 

すると親はさっそくそのことを相手に言って逢う日を決めてきました。

「何月何日の何時に噴水の前いったらこの人がおる」

最初から二人で会えとのこと。

親が決めてくれたことだからまあ会うだけあうか。

 

噴水のところにいったらダサいイタリアンカジュアルでスポーツ新聞を読んでいる

彼がいました。それが今の旦那です。

その日はちょうど淀川花火大会開催の日でそれにいきましょうということになりました。それまで時間があるからフェステバルゲートでも行きましょうかと移動しました。

宅建の話しがでてちょうど前年に旦那が合格し、私は勉強中というので気があいました。

道路を歩くとき、一生懸命歩道側を歩こうとしていました。

さりげなく歩くのではなく、不器用に歩道側を歩く。その姿が新鮮でした。

 

一生懸命私を守ろうとする姿が新鮮でした。

 

それまでの私は彼氏を守るのに一生懸命で自分が守られるとは思っていなかったからです。

 

その姿に心惹かれ付き合うようになりました。

 

出逢ってから4か月後に転機が。

二人が乗った車が交通事故にあいました。

 

夜中に車でドライブしていたら後ろからオカマされたんです。

 

ちょうど、赤信号で青になりギアをストップから外したとき、車が勝手に前に行きました。「あれ、アクセル踏んでないのに車が進む!」

バックミラーを見ると車が炎上してました。

 

!!!!!!

 

旦那は急いで車をでました。しかし助手席側のドアが開かない。

旦那が急いで窓から私を救出しました。

 

私はあまりのことで腰をぬかしへたってしまいました。

 

旦那はオカマした車の運転手を追いかけていきました。

 

乗っていた車は爆破しました。

 

車はタクシーでしたが運転手がヤクをやっていたらしく炎上した車をみて

私たちが死んだと思って近くの民家に入り自殺しようとしたらしいです。

 

犯人が先に救急車に乗って病院に搬送されました。

 

新聞に小さくのりました。

 

あんな大きな事故でなにもないのはおかしいと私は検査入院することになりました。

旦那は走り回っていたので「あなたは大丈夫」ということで入院はなしです。

 

旦那は毎日見舞いに来てくれました。

 

ああ、この人だったら結婚しても大丈夫かも。

 

そう思いました。

 

10か月後に結婚式をする。

出逢ったのは8月でそれから10か月後の6月13日に式を挙げました。

結婚式では歯をだして笑うなと始終親戚から言われました。

前の破談がなければ旦那と出会ってませんし、交通事故がなければ結婚も考えなかったでしょう。

人生何があるかわかりません。

 

まとめ

私の人生、どん底を味わった後に幸せをかみしめる時がやってきます。

変な人生です。

 

だんなと出会って15年、お互い歳をとりました。

白髪も増えました。

そりゃ、もう40も半ばですから。

お互い色々ありました。

子どもが生まれ、私が変わり旦那もびっくりしたでしょう。

子どもが生まれ生活が一変し、自分の面倒を見てくれずただ怒るばかり。

あれはするな!これはするな!

ようやく喧嘩できるようになりました。

それまで喧嘩しませんでしたから。喧嘩になるまでお互い向かい合ってませんでした。

やっと言いたいことが言える仲になったような気がします。

これからあと何十年一緒にいるかわかりませんが、一生懸命息子を二人で育てたいもんです。

 

ほな、また。

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村