でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

考え方:ドラえもんを見ているといじめとはなにかを考えてしまう。

http://www.flickr.com/photos/9540145@N02/4429189691

photo by BFLV

毎日見ています。

まいどです。でくのぼうちゃんです。

 

毎日ドラえもん。

我が家はTVを見ない(旦那は見てるが)かわりにyoutubeを毎日見ています。

見るものは決まっています。


ばいきんまんを愛するすべての人へ - YouTube

ココから始まり~

だだんだん

しまじろう

kan & aki’s channel(今はkougeishaさんですね)

そして、ドラえもんへと移ります。

クレヨンしんちゃんの時もあります。

どんだけ毎日見せてるんだ!と思う方もいるでしょうが、すべてが短いです。

ドラえもんを除いて。

ドラえもんはなぜかスペシャルを選んでくれます。

朝はもちろん選んだら途中で消される運命にあるのをわかってか選びません。

しかし、帰ってきてから選ぶのがこのドラえもん誕生日スペシャル。


走れドラえもん!銀河グランプリ ドラえもん誕生日スペシャルレース - YouTube

今は毎日こればかり。しかも同じところで毎回笑う。

もう、宣伝のスキップもドラッグ、クリックでちょちょちょいとスキップさせるほどになってしまいました。欲求ほど行動を進化させるものはないですね。

 

そんなドラえもん毎日見れば見るほど奥が深いと思うようになりました。

今回はそんな奥が深いドラえもんを見ながら思ったことを。

欠陥品のドラえもん


ドラえもん誕生日スペシャル ドラえもんが生まれ変わる日 - YouTube

この話は最初見た時、「おお!!なんと奥が深いのだ!」とびっくりしました。

欠陥品であるドラえもんを作った工場長が誕生日の日にちゃんとしたロボットに生まれ変わらせてやろうとする話なんですが、まあ早い話欠陥品でもいいじゃないという話です。

時間がある方はごらんを。

欠陥品だけどドラえもんはすごいんだ!だからそのままでいいんだよ!とのび太が止めようとします。そう、そのままでいいんですよねー。

 

のび太をいじめるジャイアンの存在

のび太のいじめ方がまたすごい。「のび太のくせに」とか「腹が立つから殴らせろ」とか人権的にいうとジャイアンは出てはいけない部類に入るのでは?といつも思います。こんなのをTVで流すから学校でいじめがなくならないのよ!という人いるんじゃないかなー。しかし、ジャイアンは毎週出てきてのび太をいじめるわけです。

ジャイアンのすごいのは加害者意識がまったくないのです。

また、のび太もすごいです。毎回いじめられたりハミゴにされているのにジャイアンといる。全然被害者意識をもってないのです。

この二人の存在が堂々と夜の7時にお茶の間で流れているわけですよね。

絶対クレームの電話している人いると思うなー。

しかし、世界のドラえもんなわけです。どんな圧力をもはねのける力を持っているわけですね。

ジャイアンとのび太の関係

いじめるジャイアンといじめられているのび太。それでも二人は友達なんですよ。

なぜか?

距離感でしょうか?

なんともグレーな。考えると体がムズムズしてきますね。

腹がたったら殴ってくるジャイアンを受け入れるのび太。

愚図でのろまなのび太をいじめることによって受け入れているジャイアン。

SとMなのか?

ジャイアンのいじめには愛があるのか?

ガキ大将という存在

私が小さいころにはもうこのような存在は地域にはいなかったような。

皆仲良くが基本で、ガキ大将のように地域の子どもたちの大将的存在ができるような

環境ではなかったなあ。

とりあえず「みんな一緒でみんな仲良く」が基本だったなあ。

ドラえもんと社会

ドラえもんのようななんでもポケットから出してしまうような存在、マスコミが絶対くると思うんだけど。で、TVで紹介されてお金持ちにのび太はお金つまれたりしたり、またドラえもん誘拐されたりと事件が起きると思うんだけど。

のび太にも皆「あの子ロボットと一緒にいるのよ、そのロボットなんでもだしてくれるんだって。あの子と一緒にいたら得よ」なんていう子が現れても不思議ではないと思うんだけど。

とりあえず社会がドラえもんの存在をほおっておくわけはないと思うんだが。

まとめ

考えれば考えるほど「ドラえもんは奥が深い」と思ってしまいます。

ドラえもんの制作会社はかなりの愛がある会社だと思うのは私だけでしょうか。

 

今日もドラえもんを息子と見ながらこんなことを色々と思うわけですわ。

 

ほな、また。

 

 

 

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村