でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

でくのぼうちゃん、恋愛について考える。

http://instagram.com/p/vtFUd-nA4G/

Instagram

 

好きっていう気持ちっていろいろありますよね。

 

食べ物だとこの食べた時のとろける感じがたまらないとか。

 

甘さ控えめな感じが自分にあうとか。

 

人でもこの人のこの対応は好きだなとか

 

この癖をするときの仕草がたまらないとか・・・。

 

好きにも度合があると思います。

 

 

好きで好きでたまらない

この感覚って、自分がない状態だと思います。

 

好きっていう感覚は自分なんですけど、それ以外はない。

 

だから、冷静な自分がない。

 

「あばたもえくぼ」。

 

相手の欠点がまったくみえない。欠点も利点になる。

 

相手がなにしても利点になるわけです。

 

極論でいうと、暴力も魅力となるわけです。

 

これが「好きで好きでたまらない」感覚。

 

そんな恋愛もときにはありと思う。

 苦しくて、せつなくて、なにも手が付けれなくて。

 

いつも相手のことばかりを考えている。

 

その時は大変だけど、恋愛ではありと思います。

 

しかし、そんな相手と結婚したらどうなるのでしょうか?

 

 

失恋ショコラティエ コミック 1-8巻セット (フラワーコミックスアルファ)

失恋ショコラティエ コミック 1-8巻セット (フラワーコミックスアルファ)

 

 以前、この漫画原作のドラマがありましたね。

 

これを見ていて変な話、子宮がうずきました。

 

ドラマなのにね。松潤がやっていたからか?

 

女性ホルモンが放出というか。

 

こんなに惚れることができるのか、男性は。

 

そう思いましたね。

 

結婚と恋愛はちがう

結婚して子どもを産んで、別居して思ったのは

 

結婚と恋愛はちがうなあということ。

 

われを忘れててはなにもできない。

 

結婚は生活があるのです。

 

だからこそ、恋愛のときにわれを忘れた恋愛をしてほしいなあと思うのです。

 

結婚を考えない恋愛をしてほしいなあと思うのです。

 

 

 

ふと、思っちゃいましたよ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村