でくのぼうちゃんのブログ

雨にも負けず風にも負けずオロオロしながらだいたい毎日更新中!!

自分の意見を肯定したら人の意見は否定となるのか

 

http://instagram.com/p/vei4xQnA_T/

Instagram

菊の花です。それぞれが一生懸命咲こうとしています。

私、ときたま人から非難されます。

別に相手を非難していないのに。

ただ、自分の意見をブログやSNSでアップしただけなのに。

もちろん、非難されるために書いているわけでもなく

どちらかというと共感をもとめて書いているんですが。

ブログは自分自身のバランスとり

どちらかというとブログなどでは自分の価値観のことを書くことがほとんどです。

が、この自分の価値観が世間とはどちらかというと少数派なんですね。

世間を否定しているわけではないんですが、自分が歩んで体験したことを

もとに考えるとどちらかというと否定してしまう。

だから、普段、人に自分の価値観を伝えるのは極力さけるようにしています。

普段の私は自分のことをあまり話さない。(たぶん)

バランスを取るのにブログをやっているようなもんです。

なぜ、非難されるのか

非難されるときの投稿は大抵、

 

「精神医療」ネタ

 

精神的に追い込まれてなんとか楽になりたいという気持ちがあって

その楽をさせてくれるのが「精神医療」と思っていた。

そういう人が普通と思います。

 

しかし、私はどちらかというとそれでの改善案については否定するわけです。

否定をするというより自分の見てきたものや出会った人のことを

ブログに書くわけです。

そうすると、自分がやってきたことを否定されたととらえて攻撃する人がでるわけです。

左利きを肯定的に書いたら右利きは否定されたと思うのか?

右利き社会について否定的なことを書いたり言ったりしても

これは誰もが笑って流します。

圧倒的に右利き社会が認められているからです。

どうひっくり帰っても左利き社会にはならないわけです。

また、左利きになった動機って自然なことと思われています。

右利きがいやだからって左利きになった人ってまずいません。

そう、そうなった過程の動機が重要なんじゃないか?と思うのです。

動機を自分が否定していたら、まわりを非難する?

例えば、精神薬にしても楽したいという思いからでた行動で

その楽したいという思いを自分が否定していたら

ただ、「精神薬はいけない」という言葉で反応するのでは?と

思うのです。

自分で病気を治したということをいうと、たいていの人は

その人を非難したりします。

そんなことは出来るわけがないと。

以前職場で「自宅で自分で出産」する人が増えているという話を

30代後半の主婦にしたところ

「そんなことできるはずがない」

「あまりにも恐ろしい行為」

「死産させるのではないか」

「虐待ではないか」

と、否定的な意見ばかりでました。

しかし、昔は自宅で出産が当たり前だったんちゃうかなあと伝えると

そうだねえと言って、「でも私はぜったい無理」と言っていました。

私も自宅で自分で出産はできないと思うけど、

できればしたいなあと思うほうです。

世間では病院で出産が当たり前になっていますけど。

 

結局どうすればいいのか

自分のことを非難してくる人がいたら

 

逃げる

話をきく

 

これしかできないと思います。

時間がなくて話がきけないと思ったら逃げる、接触しない。

話を聞くのであれば、相手が自分を否定していることを

肯定してうけとめるまで聞く。徹底的に聞く。

 

私は徹底的に聞く時間もないし器もないので

 

逃げます。

 

 

 

 

広告を非表示にする

もしこの記事が気に入っていただけましたらはてなブックマークやfacebook等でシェアをお願いいたします。非常に励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村